インターンシップ感想【明治大学】

Q1.今回参加したきっかけ
 ゲーム業界に漠然と興味があったものの、自分でゲームを作るなどの作業はしたことがなく、
 ゲーム業界そのものへの知識を得ることと、ワークを通じた経験からゲーム業界に向いているのかを知るために参加いたしました。

Q2.インターンを始める前の経験
 大学の情報科目でScrtchを使い、簡単なゲームを作ったことと、
 Javaの基本知識と一番基礎的なペイントアプリに近いものを独学で作ったことがありました。

Q3.インターンシップ中の内容
 当初は5日間かけて、javaのゲームを作ろうと考えていましたが、貴社のインターンに参加し、
 他業界への関心を深めたいという思いがあり、2日間に短縮いたしました。1日目は記事と動画の作成で、2日目は記事と動画、
 Scratchのゲーム作りを行いました。

Q4.インターンシップを終えての感想
 2日という短い期間でしたが、ありがとうございました。
 非常に貴重な経験だと感じました。まず、取締役である杉橋様とコミュニケーションが取れるということがとても貴重で、
 社会人に対し漠然と怖さを感じていましたが、働くことに対してポジティブに考えられるようになりました。
 そして、実際に朝礼を行い時間内に指定された業務を1日通して行うという経験は実際の仕事に近いもので、
 自身が社会に出て仕事をする想像ができました。他の会社のインターンではすることができない経験だったと思います。
 初日のゲーム業界の解説もわかりやすく、自分がどのような会社で働きたいかが少しずつ見えるようになったと感じました。
 本当に貴重な経験をいただき、ありがとうございました。

Scroll to Top